服用すべきでない人とは | オルリファストで無理な食事制限なしにスリムボディになりましょう!
menu

服用すべきでない人とは

パッケージから出されている薬

オルリファストは日本では認可が降りていません。
そのために生産国から直接個人輸入をする必要があります。
そんなオルリファストですが、実はアメリカでは政府機関にであるFDA(アメリカ食品医薬品局)に推奨をされているものなのです。
日本で認可されるのも時間の問題かも知れませんよ。

オルリファストを飲まないべき人というのはどういった人なのでしょうか?
まずはじめは「トイレを我慢しなければいけない人」でしょう。
オルリファストを服用することで発生する脂肪便やおならというのは凄まじい匂いを出します。
おならをすることで少量の脂肪便が外に出ることもあるために、おならをするためにはトイレに駆け込まなければいけません。

またオルリファストは「オーリスタット」という成分を主成分にしています。
オーリスタットにアレルギーを持つ人は使用を控えないといけません。
わざわざ自分の身を危険に晒してまでオルリファストを服用する必要はありません。

最後は妊娠中、授乳中の女性です。
オルリファストは油と、それに溶けるビタミンを体外に排出します。
そのために妊娠中に服用するとあかちゃんに充分な栄養を届けることができなくなってしまいます。
また授乳中についても同じです。
子供の健康を考えるのならばその間ぐらいはオルリファストの服用はやめておきましょう。